【福岡空港】本場の味はどっち?因幡うどんVSうぃんぐ 食べ比べ

地元の人も食べる本場の味を求めて、福岡空港内にある2つのうどんを食べ比べてみました。

「博多はラーメンよりもうどんだよ。」と言った芸能人もいますが、私も福岡のうどんは大好きです。

以前食べた味が忘れられず、修行の合間に空港内で食べてみようと思っていました。

2店舗の食べ比べ、どちらに軍配が上がったでしょう!?

うぃんぐ

こちらうぃんぐは福岡空港の1階国内線到着出口の真正面にあります。

福岡ー宮崎タッチを終え、名古屋空港に帰る便までおよそ2時間あるので、入ってみました。

福岡⇄宮崎は乗り継ぎ時間が短く、ゆっくり食事ができない(コンビニで買ったおにぎりを搭乗案内までの間にむさぼり食う。)ので、お腹が空いていました。

モツが大好きなので、「博多もつうどん」にしてみました。

1,100円です。

他にビールやおでんなどもあり、手軽に空腹を満たすにはちょうど良く、入りやすいお店です。

さて、美味しそうなもつうどんが出来上がりました。

あっさり透き通ったお出汁に細めのうどんです。

もつ美味しい~~!

もつ鍋が食べたかったけど、ニンニク臭が気になるので断念したのです。ここで出会えるとは感激です。

うどんは…

うーん…福岡っぽくないです。

私の思ってた福岡のうどんとは違いました。。

麺に関して言えば普通のおうどんです。

お出汁は透き通っていて風味の良いお出しという印象です。

期待が大きすぎたせいか、福岡のうどんという点での評価は

★★★☆☆

星3つとさせていただきます。

因幡(いなば)うどん

こちら因幡うどんは2階の中央辺りにあるフードコート内にあります。

見た目はSAみたいなので、期待し過ぎないようにしました。

ごぼう天うどんが食べたかったので、そちらを注文しました。

注文するとすぐにうどんが出てきて、お盆をレジの所に持って行きお会計です。丸亀製麺みたいだな、と思いました。

ネギと一味を乗せて、空いてる席に座ります。

さて、実食!

うまーい!!!」

これだぁ〜!私が食べたかった福岡のうどん!

強烈な出汁の旨味と、細くてしっかり茹でてある柔らかくて優しいうどんは私がずっと食べたかった味でした。

福岡のうどんはコシなんかありません。

とろっとろです。

うどんを下の方から持ち上げようものなら、ブチブチ千切れます。

噛まなくても口の中でとろける感じです。

柔らかいうどんと歯ごたえの良いごぼうがベストマッチしてます。

かき揚げの衣がお出汁にフワフワと浮いてます。

最後の方はうどんを食べたのか天かすを食べたのか分からないほどの柔らかさでした。

タモリさんも絶賛し「うどんは飲み物」と言った意味がよくわかります。

おかわりしたいレベルですね。

絶品でした。

しかもお値段530円ですよ!

最高です。

讃岐うどんとは全く違う概念のうどんですが、福岡の人が愛して止まない味です。

余談ですが、この時空港で働いている明太子売りのおばちゃんが、休憩時間に隣の席で因幡うどんを食べていたので、声を掛けさせてもらいました。このうどんの美味しさについてお互い熱く語り合えました。地元の人も大好きなうどんだそうです。

評価は

★★★★★

星5つとさせていただきます。

今回は比較という形にしましたが、各店それぞれ好みで分かれると思います。

福岡のうどんを味わいたいなら、絶対に因幡うどんをオススメします。

※追記 値段は増税前のものです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする