形原温泉あじさいの里への大渋滞を避けるルート

毎年6月ごろになると、形原温泉のあじさいの里が見頃になります。
休日ともなると、駐車場に向かう車の列のすごい事!
大渋滞していました。

その大渋滞を少しでも避けるために一番ベストなルートがあります。
ぜひ参考になさってください。

※地図が見にくくてすみません。お手持ちのマップと照らし合わせてご覧ください。

まず、目指すは青い枠で囲ってある「形原温泉あじさいの里」です。

どちらの方面から来るかにもよりますが、ナビで入れると岡崎ICで降りるルートが多いかと思います。(この地図では上の方が岡崎方面から来るルートになります。)

しかし岡崎方面からあじさいの里に南下するルートは半端なく渋滞します。

県道248号線や、383号線経由で温泉街道と言われる322号線を通る道は、ひどい時には3時間ぐらいかかるかも知れません。

避けたいルート
運命の分かれ道ともいえるキモとなる交差点は赤い枠で囲ってある「形原温泉」の交差点です。↓


この交差点を通ってあじさいの里の入り口に向かいます。
(ほかにも細い道はありますが、最終的に合流しにくいのでおすすめしません。)
車列に並ぶのが一番スムーズなのですが、問題はどの方向から進入するかです。
もっとも早くここを通過できるのが、画面下方向の322号線から北上して左折するルートです。

おススメのルート

画面では切れていますが、このまま下方向に行くと次の信号で国道247号線と交わります。

この道はとても空いています。

では、このルートを辿るためにどうやって向かえばよいのかというと、まず降りるICは音羽蒲郡です。

降りたらそのまま三河湾オレンジロード(蒲郡方面)に向かいます。

そして、そのまま真っすぐ竹島水族館のある「竹島入口」の信号まで行き、右折します。

少し走ると、右手に蒲郡駅があります。

さらに走ると国道247号線と交わる「蟹洗」という交差点があるのでそこを左折です。

左折すると左手に蒲郡ボートレースがあります。その道を真っすぐ走ります。

しばらくすると右手にカインズモール蒲郡(ホームセンター)が見えてきます。

それを過ぎたら↓の画像にもあるように、「中小山」という交差点を右折します。

一つ手前の大坪で曲がりたくなりますが、その先の中小山まで行ってください。

そして、形原温泉で左折です。

形原温泉を左折すると渋滞が始まりますが、このルートで来れば形原温泉の交差点までは比較的スムーズに行けます。

なぜ、形原温泉の交差点を左折するルートが理想的かというと2つの理由があります。

まず、大半の車が形原温泉の交差点を右折するルートで来ますが、右折で入れる車は本当にごくわずかです。1回の青信号で1台入れれば良い方です。

また、大坪から直進する車も先が空かないと進めないので、なかなか青になっても進入しにくいのです。

その点、左折は先が少しでも空けばすんなりと入れます。

したがって、この形原温泉という交差点を左折で入るのが一番早く目的地にたどり着く方法です。

ここを曲がればあとは徒歩でも行ける距離ですが、駐車場を目指します。

あじさいの里の滞在時間はせいぜい1時間ぐらいです。

次々に帰るお客さんもいますので、焦らず待ちましょう。

待っている間も、こうして車道脇のあじさいを楽しむことができます。

あじさいの里の園内を右手に見ながら、補陀ヶ池も越えて、その先右手にある駐車場に停めるのが安くて早いと思います。(500円)

あじさいの里への入場は西ゲートからになります。

気を付けたいのが、無理をして細い道をショートカットしようとしたり、住宅街に入り込んでしまうと、出るのに一苦労します。

結局並んでいた方が間違いないです。

ただし、岡崎方面からは本当に気の毒なぐらい渋滞していますので、距離的には少し遠回りになりますが、蒲郡経由をお試しください。

ナビや看板とはちょっと違うルートですが、マイナーなので少しでも渋滞が緩和できると思います。

(このルートが広まって、渋滞していたら運が悪かったと諦めてください…)

でも、待った先には素敵なあじさい達が待っていますよ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする