【JAL修行】福岡ー宮崎の路線を快適にフライトする10のチェックポイント

JMBサファイアなどJALの上級会員になるための回数修行でよく利用されている、福岡ー宮崎の区間ですが、効率よく快適に乗りこなすにはちょっとしたチェックポイントがあります。
初めて修行される方は不安もありますよね。私はめちゃくちゃ不安でした。でも今はとても楽しんで飛行機に乗っています。

そんな私の体験談も交え、今後修行される方のご参考になればと思いまとめてみました。

機体は小さいけどなかなか快適

J-AIRのエンブラエル170(E70)というこの機体は、とてもコンパクトながらなかなか快適に過ごせます。

座り心地も悪くないし、2-2の配列なので圧迫感もほぼありません。

飛んでる時間は超短い

距離が短いので当たり前なんですけど、とにかくあっという間に着いてしまいます。

離陸後15分ぐらいでシートベルト着用サインが消えますが、その10分後には着陸体制に入るのでまた着用サインが点灯します。

浮いている時間はおよそ40分です。

基本的に機内サービスは無いが、まれにジュースがもらえる

フライト時間が短いため、基本的には飲み物などの機内サービスはありません。

そのかわりCAさんが入り口でカゴ入りのキャンディーなどを勧めて下さいます。

あるいは、座席に配ってくれる時もあります。

しかし一度だけ、リンゴジュースがもらえた時がありました。ビックリです!

りんごジュース一択でしたがよく冷えていました。

また、機内サービスはありませんが、飲み物は備えてあります。

どうしても喉が渇いたり飲みたくなった場合は、遠慮なく申し出て良いそうです。

意外に修行僧が多い

数回乗ればなんとなくわかってきますが、同じ立場の人が意外に多いです。

同志、戦友、仲間、そんな感じですね。

2019年JGCの修行も半分が過ぎようとしています。 日本全国各地の修行僧の方々も、日々精進しておられることと思います。 回数修...

宮崎からの折り返しは30分程度なので制限区域からは出ない

このあたりが一番迷うところではないでしょうか。

通常、飛行機に乗って目的地に着いたら到着出口から外へ出ますよね。

でも私達修行僧は効率よく福岡ー宮崎を往復するために、ギリギリの時間で予約を取っているはずです。

すると、宮崎ブーゲンビリア空港では30分しかありません。

降りたら15分ほどで再び搭乗しなくてはならないのです。

そんなタイトなスケジュールなので、制限区域から出て再び手荷物検査を受けていたら、間に合わないかも知れません。

実際私も、飛行機が遅延しているにもかかわらず、よくわからなくて外へ出てしまい、空港のアナウンスでフルネームで呼ばれたことがあります。

第2回目の修行は 小牧→福岡 7:20~8:45 福岡→宮崎 12:30~13:15 宮崎→福岡 13:45~14:40 ...

宮崎空港での手続き

ではどのようにすればよいかと言うと、宮崎空港に到着したら流れのまま歩いていくと、搭乗口の横を通ります。

(宮崎空港5・6番ゲートの裏側。ここの左側を通って出口に向かうのが一般的です。)

そこにJALの職員さんがいますので、「乗り継ぎします。」とか「手続きお願いします。」と声をかけてください。

福岡へ向かうチケットや二次元バーコードなどを提示します。

するとレシートをくれます。

あとはその制限区域内で過ごすのみです。(間違っても1階には行かない。)

売店やソファーやお手洗いがありますので、各々やりたいことを短時間で済ませます。

私は食事をする事が多いです。

(限られた時間で食べられるものはこれが限度。)

福岡からの折り返しも係員に伝えて制限区域から出ないようにする

同じように福岡空港でも乗り継ぎ時間が短ければ、外に出ない方が安心です。

福岡空港から折り返し宮崎行きに乗る場合は、おおよそ40分ほど余裕がありますが、空港が広いので乗り継ぎ手続きをした方が楽です。

福岡空港に到着すると、ターミナル内に入る直前にJALの職員さんが乗り継ぎのある人はいないか、声をかけてくれます。

それによって行き先が分かれますので、必ず次の搭乗券などを見せて、乗り継ぎ手続きをするようにしましょう。

とにかく安い

安くて一日に何回も効率よく往復できるとあって、この路線は本当に大人気です。

4900円~6000円ぐらいでチケットが取れますよね。

回数修行の身にとってはこの上なくありがたい事です。

タイトなスケジュールなので遅延すると寿命が縮まる

第2回目の修行は 小牧→福岡 7:20~8:45 福岡→宮崎 12:30~13:15 宮崎→福岡 13:45~14:40 ...

↑こちらでもお伝えしましたが、遅延はつきものです。

時間に余裕のある旅ならまだ良いのですが、修行のようにパンパンに詰め込んであると、一つ遅れたら後々に響きますよね。

ほんと、寿命が縮まります。

でも、そこらへんも踏まえて、心にはゆとりを持った方が精神衛生上良いかと思われます。

乗客数が少なく早く乗り込めば出発も早まる(宮崎から)

ところで、宮崎空港は飛行機降りた時と搭乗口が同じフロアにあるなど、ローカルムードたっぷりのこじんまりとした空港です。

広すぎて迷うとかはまず無いです。

搭乗案内が始まって、お客さんがスムーズに座席に座って出発の準備が整ったら、定刻前でも出発しちゃいます。

時間が欲しい私達にとっては本当にありがたいです。

乗客数が少ないため乗り遅れはご法度

逆に、乗客が揃わない為に出発が遅れる事もあります。

空港のシステムが故障して遅れた事もありました。

しかし、個人的に遅れた人が再三アナウンスで呼び出されている事もありますよね。

日本は優しいので、お客さんをある程度待ちますが、それはもう大迷惑です。

ましてや修行の最中ともなれば、恥ずかしいどころの騒ぎじゃなくなりますよね。

なので私は時間厳守し、悪い意味で目立たったりする事のないよう心がけています。

 空港での行動はひとそれぞれ

修行をしているとわかってくると思いますが、毎回ちょっとずつ違う事が起きてきます。

乗り場が違う事もあれば、自分がどう動き回るかによっても違ってきます。

不安な事やわからない事があればすぐに職員さんに尋ねてみるといいですよ。

私も何度もチェックインカウンターで不明点を聞いたりしました。

今では修行回数の残りが少なくなってきたのでちょっと寂しいです。

時間に余裕がある時は、空港の飲食店を巡ってみたり、お土産も買ったりしています。

楽しく、安全に、一緒に修行頑張りましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする