市役所の臨時職員募集の面接で聞かれた7つの質問を公開します!

先日、市役所の公報に臨時職員募集が載っていたので応募してみました。

面接が行われたので、その際何を聞かれたか、どんなやり取りがあったのか、お伝えしようと思います。

市役所の臨時職員募集

市役所は年に数回、臨時職員の募集をしています。

職種はいろいろで、短期のものから1年間契約などたくさんあります。

今回は2月・3月の確定申告に合わせての期間限定職員募集でした。

履歴書を出す

履歴書は事前提出で、直接窓口に出しに行くか、郵送のどちらでも構いませんでした。

私はたまたま市役所近辺に行く用事があったので、募集受け付けの初日に直接出しに行ってきました。

受け付け表みたいなものにすでに一人名前が書いてあり、どうやら二番のようです。

その日は履歴書の提出のみで、次回は面接という事で要項を書いた紙を1枚もらって帰りました。

面接で聞かれること

面接当日は、応募者が控室に集まり、合同で説明を聞いた後個別面接という流れでした。

志望動機

事前に提出した履歴書にも志望の動機を書く欄がありました。

4人の面接官は私の履歴書のコピーを目の前に置いています。

そこに
『短期の仕事を探していて、自宅から近く通いやすいので志望しました。』
と書きました。

聞かれた時も同じように答えました。

正直言うと、確定申告のお手伝いの仕事に興味はありませんでした。ただ働けばお金になると思ったからです。さすがにそうは答えられませんでした。

家族状況

短期でしか働けない理由と、期間中急に休んだりする事がないかという意味で聞かれたのだと思いますが、身内に要介護者がいるかどうか質問されました。

いないので「いません。」と答えました。

時間なのか、期間なのか

ちょっとわかりにくい質問でしたが、この仕事は9時から16時の仕事です。

なので、その時間帯で選んだ仕事なのか、2月・3月という期間で選んだのかという問いでした。

私は期間で選んだので「期間です。」と答えました。

得意な事

これも履歴書に書いた事ですが、改めて聞かれました。

パソコンを触れる事と、人と接することが得意なので、そのように答えました。

すると、どんな人でも大丈夫かとか、逆にどんな人が苦手なのか、と割と突っ込んで聞かれました。

確定申告の会場担当になると、いろんな方々と接する事があるからだろうと思います。

私は過去の経験なども交え、ついついノッてしまい、しまいには面接官を笑わせてしまいました。
面接官だろうが、大会社の社長だろうが、臆せず接する事ができるこの性格が果たして吉と出るか凶と出るか、です。

あと個人的な感想ですが、市役所内でも人間関係はデリケートな部分があるのだろうと思いました。

短所

これも面接あるあるでしょうが、自分の短所を述べてください、と言われました。

予期せぬ質問でとっさに出た答えが
「大きな失敗をするとすごく落ち込みます。しかし立ち直りは早いです。」でした。

短所を自分でフォローしていいものか戸惑いましたが、そこも含めて面接官は「なるほど、なるほど。」とつぶやいていました。

通勤方法

どの交通手段で通うつもりなのか聞かれました。

短期臨時職員は駐車場も使えず、交通費も出ません。

どうしようか考えていたら、職員さんが安く通える方法を考えて提案してくれました。

「その方法で通って下さるといいですよ。」と笑顔で言われて、(まだ合格してないのに・・・?)と心の中で思いました。

最後に何か質問はありませんか?

最後に質問は無いかと聞かれました。

控え室で事前に説明があり、大まかな流れは理解できていました。

聞きたい事を考えて来なかったし、何を聞いて良いのかわからなかったので「特にありません。」と答えました。

聞き逃したこと

何度も何度も「ほかに質問はありませんか?」と聞かれたのに、大事なことを聞き逃しました。

仕事をするときの服装と、昼食の事です。

合格する気が無かったので、働くイメージが湧いてこなかったからだと思います。

面接当日の服装

さほどかしこまった服装ではなく、無難で清潔な印象の服を選びました。

薄手のセーターに毛織のパンツにヒールの低い靴です。

合否

2人の採用枠で面接に現れたのは私を含めて3人でした。

正直、働いても働かなくてもどっちでもよいという気持ちでした。

たまたまこの時期は自分の時間が空いているので、やってみようかなぐらいの軽い気持ちでした。

しかしなんと合格しました。

合格の決め手はパソコンが触れることと、人と接する事が得意という部分だったと勝手に思っています。

そんなわけで、約2か月間働きに行ってきます。

やるからには本気モードで頑張ります。

市役所など官公庁の臨時職員の面接を受けられる方のご参考になれば幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする