【JAL】修行僧の割合と遭遇した時の対処法

2019年JGCの修行も半分が過ぎようとしています。

日本全国各地の修行僧の方々も、日々精進しておられることと思います。

回数修行の私も、なんとか32レグ達成しました。とりあえずクリスタル確定です。

私の主な修行場所は福岡⇄宮崎です。

距離が短く、効率よく往復便が出ている上に運賃が安いの三拍子なので、修行の聖地とも言われていますね。

そんな中、

「あ、この人も修行かな?」

って思う事がよくあります。

またそういう方とは何故か隣り合わせたりするんです。

先日とある便で、乗り継ぎのアナウンスがあり、その便に修行僧が10人いる事が判明しました。

満席76名中10人なので、約13%は修行僧という事になります。

すごい!

土日になるともっと多いという噂も聞きました。

そのせいか、福岡⇄宮崎は乗り継ぎに対してのフォローをしっかりしてくれているので、安心ですね。

そんな同志(勝手にそう呼ぶ)に気付いたとき、声をかけるべきか、スルーすべきか、迷いました。

声をかけてどれぐらい修行が進んでいるのか、何を目指しているのか、お得な情報はないのかなど、聞きたいことは山ほどあります。

でも、もし迷惑になってはいけないしと思うとなかなか声も掛けにくいです。

この後何便も同じになるだろうし、人それぞれ都合もあるだろうし、などと考えているうちにあっという間到着してしまいます。

何回飛行機に乗っても、全く飽きることなく、むしろ毎回楽しんでいます。

残りの回数が少なくなってきたらなんだか寂しくなってきました。

そんな事を思いながら、後半もあちらこちらにポツポツと出現しようと思います。

ちなみに、私は声をかけてもらっても全然大丈夫です。

むしろ嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする