JAL修行 大ピンチ飛行機遅延!どうなる?小牧⇄福岡⇄宮崎

第2回目の修行は

小牧→福岡 7:20~8:45
福岡→宮崎 12:30~13:15
宮崎→福岡 13:45~14:40
福岡→小牧 15:20~16:40

の合計4レグの予定です。

金額は

小牧→福岡 7:20~8:45 11,600円 スーパー先得

福岡→宮崎 12:30~13:15 6,700円 先得割引タイプB

宮崎→福岡 13:45~14:40 4,900円 ウルトラ先得

福岡→小牧 15:20~16:40 11,600円 スーパー先得

となっています。
(1レグ平均 8,700円)

県営名古屋空港(小牧)へは自宅より車で行けるので大変楽です。

駐車場からターミナルへの移動時間も1〜2分で、大変こじんまりしていてJAL発着空港としては本州では1番小さな空港ではないかと思っています。

さてさて、福岡へは過去何度も行きましたが、修行するのは初めてです。

観光とは違ったこの旅はどうなるのか、ドキドキワクワクです。

日の出の美しい小牧空港(県営名古屋空港)

まだこの時点で後に悪夢に襲われる事になろうとは1ミリも考えていませんでした。

小牧→福岡 7:20~8:45
福岡→宮崎 12:30~13:15
宮崎→福岡 13:45~14:40
福岡→小牧 15:20~16:40

まず小牧→福岡(赤字部分)は共同運航便のFDAフジドリームエアラインズです。

カウンターで発券とチェックインしました。

真っ赤な機体のシャトレーゼ号でした。

朝の便はコモのクロワッサンが提供されるので嬉しいです。

ほぼ定刻に福岡に降り立ち、次の宮崎行きまで3時間以上あります。

まずはカードラウンジに入り、博多周辺で何か食べようかと検索していました。

くつろぎのラウンジ TIME

でも新しくなってから初めて行く福岡空港内にも、ラーメン滑走路や気になるお店がたくさんあったので、そちらで「おおやま」のモツ鍋を食べました。

搭乗時刻の30分前にはタッチアンドゴーで保安検査を通り、搭乗口付近で宮崎行きの案内を待ちます。

と・こ・ろ・が...

搭乗予定の機体の到着遅れで、案内が遅れるというアナウンスが…。

これが本日の悪夢の始まりでした。

小牧→福岡 7:20~8:45
福岡→宮崎 12:30~13:15
宮崎→福岡 13:45~14:40
福岡→小牧 15:20~16:40

12:30発の飛行機への搭乗案内は12:30を過ぎてもまだ始まりませんでした。

私の不安は一気に高まりました。

なぜなら、到着した宮崎空港での乗り継ぎ時間はわずか30分。

初めて行く宮崎空港で勝手も分からず、しかもノーマル知識で始めた修行の2回目です。

お願い!早く飛行機に乗らせて(祈)!

しかし、私の祈りなど簡単に通じるわけはなく、無情にも出発は20分遅れてしまいました。

しかも滑走路に向かうと、離発着便が混み合い待機させられ、さらに離陸が5分遅れるとのアナウンス。

私はこの便に乗っちゃいけなかったんじゃないか、と後悔し始めました。

ナッツリターン(古い)でもあるまいし、「やっぱり降ります!」とは口が裂けても言えず、シートベルトにくくりつけられ、意思とは裏腹にゆっくりと飛行機は飛び立ちました。

「お客さん、ちょっと遅れてるから飛ばしますよー。」

なんて事は飛行機では絶対に無いんですよね。

小牧→福岡 7:20~8:45
福岡→宮崎 12:30~13:15(遅れ25分 12:55~13:40
宮崎→福岡 13:45~14:40
福岡→小牧 15:20~16:40

次の便が13:45なのに、宮崎空港に到着したのは13:40でした。

ふっ。

全ての電子機器が使えるようになった瞬間、真っ先に見たのはJAL運行状況でした。

予想はしていましたが、乗ってきた便が折り返すので、13:45→14:05に変更になっていました。

とりあえず、帰れる見通しがついたので胸を撫で下ろしました。

宮崎空港で、乗り継ぎがある事を係員に伝えればよかったものの、ど素人の初心者修行僧の私は馬鹿正直に到着出口からいったん出て、再び保安検査を通るという無駄な事をしてしまい、保安検査の列に並んでいる真っ最中に空港アナウンスでフルネームを呼ばれるという失態を犯しました。

(後に福岡で帰りの便との乗り継ぎを紐付け、発券してもらう方が安全と知る。今回のチケットはそれぞれ単独で購入。)

とりあえず、保安検査も5分ほどで抜けられ、素知らぬ顔をして遅れている福岡行きの搭乗口付近のソファに座りました。

ちょっと冷静になってきたらふと、その次の便の事が気になり始めました。

小牧→福岡 7:20~8:45
福岡→宮崎 12:30~13:15(遅れ25分 12:55~13:40)
宮崎→福岡 13:45~14:40(遅れ20分 14:05~15:00)
福岡→小牧 15:20~16:40

20分遅れてるって事は、まともに行っても福岡着は15:00。

しかも、FDAはチェックインカウンターに行かなければならない。

先にやっとけばよかった…。

福岡空港で3時間以上もあったのに、何をしてたんだろうと激しく後悔しました。

広い福岡空港に到着して、ダッシュで到着出口を抜け、事情を話しつつチケットを発券してもらい、保安検査を通る…

いや

間に合わないよ。

無理だよ。

FDAは待ってはくれない。

そんな諦めに近い絶望感に打ちひしがれながら、タイトなスケジュールで予約を入れた事を反省しました。

宮崎から福岡に向かう便の中も、さっきと同様、「間に合うのか?」と頭の中で連呼しながら、とてもじゃないけど“空の旅をお楽しみ下さいませ”とはいかなかった。

予定通り福岡空港に20分ほどの遅れで到着し、時計を見たら14:57。

小牧→福岡 7:20~8:45
福岡→宮崎 12:30~13:15(遅れ25分 12:55~13:40)
宮崎→福岡 13:45~14:40(遅れ20分 14:05~15:00)
福岡→小牧 15:20~16:40

FDAは定刻出発の予定。

飛行機の扉が開き、ボーディングブリッジを早足で歩き、ターミナルの長いエスカレーターに登る直前、JALの係員さんが「乗り継ぎのある方はいらっしゃいますか?」と言っているのが聞こえました。

救いの神!

名乗り出てFDAに乗る事を伝えたら、ショートカットで搭乗口まで案内してくれました。

FDAはすでに搭乗案内が始まっており、JALの職員から事情を伝えてもらい、私のチケットも確認できたので、中に入れることになりました。

出発8分前でした。

なんとか間に合った~

もう、何が何だか、周りの景色も見えず、もちろんお土産など買う余裕もなく、必死でした。

かろうじて機体入り口に描かれた紫の機体銀河鉄道999号の鉄郎とメーテルの絵が目に入り、写真に収めたいと思いつつ、恥ずかしさのあまり行動を控えました。

完全に脱力し、帰りの便はぐったりでした。

(小牧に到着してから写真撮りました。)

そこでふと気付きました。

私めっちゃくちゃニンニク臭いかも…って。

昼間、美味しいモツ鍋を堪能したのがもう遠い過去のようです。

ニンニク臭が事実を物語っていました。

これを機に、次回このパターンで修行する時は、乗り継ぎ便をしっかり紐付ける事と、職員への告知も忘れずに行うようにしようと思います。

はぁー疲れた。これぞ修行。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする