飛行機が揺れる日の機内サービスは冷たい飲み物だけになる理由

天候によっては飛行機はとても揺れる時があります。

今回の修行でも「前線の影響で、機内の揺れが予想されます」のアナウンスがありました。

それに伴い機内サービスのドリンクは冷たい飲み物のみの提供になりました。

そしてそのドリンクは、揺れと共にこぼれました!

JAL JGCの修行、前回に続き中部⇆成田です。

16,400円(片道のみクラスJ)

(セントレア駐機中の機内より)

この路線での修行は3回目になります。

旅行でもたまに利用するので慣れました。

中部から早くてお値打ちで、午前中に終わるので、私の修行にはもってこいです。

さて、今回も767-300という機体で、2-3-2の配列です。

私は後方窓側の席を選びました。

進行方向の左窓側は内陸がよく見えて、面白いです。

しかし、今回は分厚い雲に覆われて翼しか見えません。

飛び立ってしばらくしてから、早くも揺れ始めました。

いつものように機内サービスが始まりました。

私は機内で飲むスープが好きです。

今日もそれをいただくつもりで、セントレアであえてJALスカイタイムのキウイを購入しました。

朝を食べていなかったので、軽食と共に飲むためです。

(成田空港にて撮影)

ところが、機内サービスは揺れの為冷たい飲み物のみのサービスになってしまいました。

選択肢はスカイタイムキウイとリンゴジュースとお茶です。

キウイは持っているので、リンゴジュースにしました。

コーヒーにしようかと思ったのですが、ありませんでした。(※アイスコーヒーはそもそもサービスにありません。)

リンゴジュースをいただき、さて飲もうと思ったら突然激しく揺れ始めました。

手に持っていたので、こぼすまいとバランスを取っていたら軽くエアポケットに入りました。

カップを持った手は宙に残され、バンザイしたみたいになりました。

その反動で無残にもこぼれました。

 

その後、残ったジュースカップをテーブルに乗せ、ハンカチをかぶせておきましたがかなり揺れています。

しばらくして、ジュースが飲めるまでに揺れが収まったので、『今のうち!』と一気に飲みました。

テーブルを畳むと隙間からジュースがこぼれていました。

タオルハンカチで拭き取りましたが、服にもこぼれてしまいました。

しかし、リンゴジュースはほぼ透明なので衣服がシミで目立つ事はありませんでした。

これがアイスコーヒーだったらと、ゾっとします。

機内サービスは揺れの際こぼれることを前提としているので、熱いものやこぼれてシミになるものは避けているのでしょうね。

さすが!と思いました。

私より後方座席の方は機内サービスが中断してしまい、飲み物は受け取られていませんでしたが、中部⇆成田の飛行時間は短く、すぐに着いてしまうし、あの揺れではもらわなくて正解でした。

旅行の時はあまりトラブルはありませんでしたが、さすが修行!毎度いろいろあって楽しいです。

肝心の修行の方は無事に終わりました。

これで通算14レグ完了です。

これからもいろんな経験をさせてもらいます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする