おかまバーのオネエに聞いた!プリプリお肌の作り方

男性なのに、女子より女子っぽい「オネエ」様。

そのお肌がとっても綺麗だったので、そうとうお金をかけてエステとか通ってるんだろうなと思ったら意外なお答えが返ってきました。

年齢問わず、どなたも実践できそうな方法だったのでお伝えしようと思います。

プリプリお肌の原点は水分量

お肌のお手入れをしている方なら一度は耳にしたことがあると思います。

『保湿』

このキーワードで化粧品を選んでいる方も多いと思います。

それほど保湿は大切なことなのでしょうね。

でも本当の意味での保湿ってどんな状態なのでしょうね。

効果的な保湿

洗顔後に化粧水を付けて乳液などでフタをするという方法をほとんどの方が実践されていると思います。

正解です。

間違っていません。

ただ、その分量やり方をちょっと変えるだけで劇的に変化します。

オネエ的保湿

「どうやったらそんなに綺麗なお肌になるんですか?」

とお聞きしたところ

「化粧水をビッショビショに浴びるのよ!」(オネエ談)

とのお答え。

化粧水をバシャバシャつける

とにかく付ける!

重ね付けを数回します。

その状態をオネエに言わせると浴びるのだそうです。

洗顔後、一般的な化粧水の使用量として100円玉ぐらいとありますが、オネエ的保湿では乗せれるだけ乗せる量になります。

一度に乗せると垂れてしまうので、2~3回に分けます。

塗るというより、乗せるとか置く感じです。

たーっぷり乗せましょう。

こすったり、叩いたりする必要はまったくありません。

「浴びるのよ。」(オネエ談)

化粧水が浸透するまでは放置

化粧水の乗りまくったお肌はテッカテカ。

この状態でしばらく放置します。

お肌が水分を吸ってふっくらするのを待ちます。

5分ぐらいで良いと思います。

浸透したら乳液かクリームを

タップリ化粧水を乗せて5分ほど放置した状態で、もっちり肌になっていると思います。

そしたら乳液やクリームを付けます。

安い化粧水をブレンド

ドラッグストアで買えちゃう化粧水

オネエは、ドラッグストアでいつでも購入できる化粧水を使っています。

自分の肌に乗せたいものを3種類ほどブレンドしているそうです。

メーカーは教えてくれませんでしたが、例えば「ハトムギ+ヒアルロン酸+コラーゲンみたいな感じよ~。」と言っていました。

すこしとろみの付いた化粧水が入っていると乗せやすいそうです。

「高いもの使ってると続かないのよね~。」(オネエ談)

100均ボトルに詰め替えてプッシュ!プッシュ!

オリジナル化粧水を100均のポンプボトルに詰めて、心おきなくジャバジャバ使うそうです。

日に4回!

そして、この化粧水を日に4回浴びるのだそうです。

常に肌が潤っている状態ですよね。

4回のタイミングは人それぞれです。

「だいたいでいいのよ~。」(オネエ談)

乳液やクリームもお忘れなく。

混ぜなきゃダメ?

オネエは手軽にするため混ぜていましたけど、混ぜなくてももちろんいいです。

今までの物の回数や分量を増やすだけでもいいし、違う化粧水を重ねてもいいです。

要は、タップリ付けるということ!

オネエに学ぶスキンケアの本質

どんなに良い基礎化粧品を使っていても、その量が少ないと効果が表れにくいです。

私もその話しを聞くまでは、手のひらに500円玉ほどの量の化粧水を取り、まんべんなく顔に塗りこんで即クリームを塗って終わりでした。

良いものを使っているはずなのに、頬がかさついたり、Tゾーンが化粧崩れしやすかったり、悩み多き肌でした。

しかし、この方法を聞いて、タップリ化粧水を肌に置き、浸透するまで慌てずに待ち、クリームを塗るようにしてからは、肌の潤い方が格段に違いました。

そして、そのお肌にメイクすることによって、化粧持ちがとても良くなりました。

素肌に自信が持てました。

お肌の水分量やコラーゲンが低下し始めているアラフォー、アラフィフの方々は特に実感できると思います。

物理的に言えば、湿っている状態をどれだけ長く持たせるか、という事が保湿の原点だと思います。

このオネエ的保湿、誰でもすぐに実践できる方法です。

すぐ効果が実感できるから、ぜひ試してみてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする