ムカデが家の中に入るのを防ぐ方法

梅雨が近付いてくると、毎年不安になるのがムカデの発生です。

外で見るだけでもゾッとするのに、どこから入ってきたのか家の中で見付けると恐怖感五割増しになります。

我が家も新築間もない頃から家の中でムカデを何回も見ました。

それほど山奥でもないけど、周りに畑があるので仕方ないと言えばそれまでなのですが。

小さいムカデがリビングの椅子に掛けてあったカーディガンの袖の中にいたり、布団の中にいたこともあります。 それぞれチクッと刺されました。

こうなってくると家の中は恐怖の館と化します。

なんと言っても、蛇の次に苦手なのがムカデですから。

そこで、なんとか良い方法は無いものかといろいろ相談していたら、「ムカデ退治の粉を撒けばいい。」との事。

早速勧めてもらった「ムカデの粉」とやらを買いに行きました。

それがこちら。

不快害虫用殺虫剤
シャットアウトSE

こちらの中身は小麦粉のような粉末になっています。白いです。

この粉を家の壁と地面の際の所に、10センチぐらいの幅で撒きます。

家の周りを白い線でぐるりと囲みます。結界を作るような感じですね。

(散布例 撃退百貨店HPより)

散布してしばらくすると、ヤスデやダンゴムシなどあまり害のない虫たちが白い粉の上や付近でコロコロと退治されていました。

そして、ついにラスボス特大ムカデが2匹退治されているのが確認できました。

粉が体に付着してからしばらくすると息絶えるみたいで、家から離れた所で退治されていたのもありました。

そして肝心の家の中への侵入ですが、全くありませんでした。

効果てきめんでした!

粉は風雨で流されてしまったりする事もありますが、その場合は追加で散布します。

ムカデが発生しやすい時期は6月〜9月頃ですが、我が家は1回散布して、後は部分追加のみで大丈夫でした。

たったこれだけの作業で、恐怖なら逃れられるなんて幸せです。

不快害虫に悩まされている方は是非一度お試しくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする