手作りマスクのインナーにキッチンペーパーを利用する方法

コロナウイルスによる慢性的なマスク不足の中、手作りマスクを着用されている方を大変多く見かけるようになりました。

テレビで知事や市長が使用している事で更に注目度も上がり、ファッションの一環としてデザイン性の高いものも見受けられます。

ところで、手作り布マスクは花粉やウイルスの侵入の効果としては今一つ心配ですよね。

そして、内側が汚れやすいのが気になる方も多いでしょう。

そこで家にあるキッチンペーパーを使用して、マスクのインナーを作ってみました。

今回は立体マスクのタイプです。

まずキッチンペーパーを用意します。↓

使用したのはコストコで売っているKIRKLANDのキッチンペーパーです。↓

どのキッチンペーパーでも作れますが、柔らかめの肌当たりの良いものがいいと思います。

ペーパーを半分に折ります。↓

立体マスクを半分に折りたたんだ形にカットします。この時一部分は切り落とさずに残しておきます。↓

切り取った後、マスクの内側で合わせてみてはみ出る部分は微調整してカットします。

カットした物を開いた状態です。↓

これを手作り立体マスクの内側に添わせるようにして装着すれば出来上がり!↓

ティッシュペーパーでは会話するとボロボロになってくるといった声も聞きましたので、少し厚みのあるキッチンペーパーにしてみました。

マスクインナーとしてご参考になれば幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする