【汗対策】オドレミンの効果が絶大過ぎて制汗スプレー忘れます

汗に悩まされている人なら一度は耳にしたことがある「オドレミン」という商品ですが、本当に効果あるの?って思いますよね。

私も初めは半信半疑でした。

オドレミンとの出会いは皮膚科の先生の言葉がきっかけでした。

もうかれこれ10年近く愛用していますが、その効果のおかげで昔のように汗に悩んで辛い思いをしなくなりました。

オドレミンってなに?

オドレミンは塩化アルミニウムを主成分とする制汗剤です。

皮膚に付けた時の化学反応を利用し、物理的に汗を抑えるものです。

治療ではなく、一時的に汗を抑える効果があります。

使い方は簡単

夜、入浴後にオドレミンを良く振って、片方のワキに対して2~3滴をすり込みます。

ワキでしたら汗がよく出る範囲(毛の生えている部分)より少し広めに塗るとよいです。

あとは自然乾燥するのみです。

効果はあるの?

あれ?ワキがサラサラしてる!というぐらい効果バツグンでした。

このシーンでは絶対汗ジミできちゃってるよな、と思っても汗かいてないっていう事がほとんどです。

今まで汗ワキパットや制汗スプレーが欠かせなかったのに、嘘の様です。

ワキ汗は季節や運動に限らず、1年を通してお悩みの方も多いですよね? なんとかならないものかと皮膚科の先生に相談してみました。 ...

持続効果は何日ぐらい?

1回塗ると3~4日は大丈夫です。

汗が出るようになってから塗るより、少し早めに塗ると効果が発揮できます。ですので、4日目ぐらいから汗が出始めるなら3日目あたりに塗るといった感じです。

個人差がありますが、私は長年続けていたら2週間ぐらい放っておいても汗が気にならなくなりました。

副作用は大丈夫?

オドレミンの副作用で一番多いのは、塗った部分の皮膚のかゆみです。

人によっては猛烈な痒みに耐えられずやめてしまったという方もいました。

私も初めは痒みを感じましたが、だんだん慣れてきました。

かゆい時にかきむしると皮膚に傷が付くので、かゆみ止めを塗るなどし掻かないようにしましょう。

長年使っていますが、それ以外の副作用はありません。

制汗スプレー忘れちゃう

汗が出ないので制汗スプレーも必要ないんですが、万が一の為に出かけるときは薄く付けています。

それすらも忘れる日があります。

忘れても問題ありません。

汗にお悩みの方は是非試してみてはいかがでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする