引っ越ししたら登録しておこう!スマホで簡単郵便物の転送届け

引っ越しで古い住所に届いた郵便物を、新しい住所に送り直してくれるシステムがあるのをご存知ですか?

郵便局が行っている「転居・転送サービス」というものです。

この手続きをしておけば、新しい住所に郵便物を1年間配達してもらえます。

最寄りの郵便局でこの届出用紙に必要事項を記入すれば、簡単に受理してもらえます。
(免許証などによる本人確認が必要です。)

転送開始希望日を指定できますので、引っ越す前でも手続きができます。

逆に、引っ越した後でも最寄りの郵便局から手続きできます。

しかし、なかなか郵便局まで出向くことができない場合がありますよね。

そんな時はインターネット上でこの手続きを済ませることができる「e転居」というサービスがあります。

スマートフォンやパソコンからでも簡単に手続することができます。

引っ越しは荷物の運搬だけではなく、役所の手続きなどやることがたくさんあって、郵便物の転送届けはついうっかり忘れがちです。

そんな時にも、時間を気にせず手元で操作できるe転居の登録サービスはありがたいです。

いつでもどこでも、無料で行うことができます。

ぜひ活用してみてくださいね。

なお、この「転居・転送サービス」は1年間の期限付きですが、その期限を過ぎてもさらに転送してもらう方法があります。
↓こちらに詳しく書いてあります。

郵便物の転送届けの1年間の期限が切れた後でも、簡単な手続きで延長することができます。その方法をお伝えします。

新生活のお役に立てれば幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする