【新車購入】マツダCX-30の値引き額はいくら?

およそ9年ぶりに車を買い替えました。

今まではデミオに乗っていました。
秋に迎える車検を受けるかどうしようか迷っていました。
というのも、そろそろあちこち不具合が出てきそうだったからです。
※出てきそうというレベルで、実際は遠出してもなんら問題なく快調です。)
SUVに憧れて、他社も含めあれこれ検討した結果、女性でも取り回しし易いサイズのCX-30に決まりました。

CX-30の購入

グレード

今はちょうど100周年の記念モデルが出ています。
私も最初はそれを買うつもりでディーラーに行きました。
実車は店舗にはありませんでしたが、同等の装備の車を試乗しました。

しかし、いざ見積もりを出してもらうと主婦がちょこっと乗るセカンドカーにしてはお値段が張りすぎます。

そこで、100周年はやめて
SKYACTIV-G 2.0の
20S PROACTIV Touring Selection 2WD
にしました。
ガソリン車です。

ディーゼルは月間走行距離からしても必要ないし、街乗りなら2WDで充分です。

そのモデルに360°ビューモニターとBOSEサウンドシステムをオプションで付けて、100周年と全く同じ装備にしました。

シートと内装は変わりますが、革よりファブリックが好きなのでむしろ好都合でした。

価格

車両本体価格は2,733,500円(税込み)です。
オプションやその他もろもろは入っていません。

値引額

さて、肝心の値引きですがぶっちゃけ▲50,000円です。

は?てなるでしょ。

デミオの前はRX-8に乗っていました。
その時はなんだかんだ40万ほど値引きしてもらいました。
契約時にシャンパンやRX-8のデッサン画がいただけたりして、粋な計らいに満足度も増し増しでした。

RX-8を壊れるまで乗り潰し、それを下取りにしてもらってデミオを買った時も合計60万ぐらいは引いてもらえました。

でもここで間違えちゃいけないのが、値引きと下取りの線引きです。

デミオを購入した9年前以降、会社の方針がガラリと変わったそうです。
値引きというものが極力できないようになったそうです。

それでもマツダと長い付き合いの私は食い下がりました。
担当もずっと同じ人なので、本音で話し合える仲です。

それでも▲50,000円は最後まで変わりませんでした。

じゃあ粘って何が変わったかというと、下取り車の値段です。

9年も乗って、電動ドアミラーも壊れた車なんて市場価値が殆どゼロに近いんですね。
そこを頑張って下さいました。
その値段は値引きではなく下取車価格という項目になります。

つまり、新車の値引きは殆ど無いという事です。

今回はデミオの他社での買取の査定をしませんでしたが、ディーラーで下取りしてもらうより買取専門業者に見積もってもらうべきだと思いました。

↓こちらのサイトからめちゃくちゃ簡単に査定ができます。やって損はないと思います。
カーセンサー.net簡単ネット査定

10年ひと昔と言いますが、この間1度も車の買い替えを検討した事が無かったので、なんだか変わってしまったなぁと思いましたが、グレードを少し変えただけで車種を変更することなく望みの車を購入する事ができたので、大変嬉しく思っています。

納期はおよそ2ヶ月〜3ヶ月らしいです。
(後に担当から連絡があり8月中旬には納車できそうとの報告を受けました。契約からおよそ7週間です。)

納車が楽しみです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする