タイヤが高くて迷っているなら海外メーカー格安タイヤをオススメします!

今回初めて海外メーカーのタイヤを履きましたが、その価格の安さと性能の良さに大変驚いています。

予算の半分でこんなに乗り心地も良くなるなら、もっと早く取り替えればよかったと思いました。

今回購入したのはNANKANG(ナンカン)社製のタイヤです。

今までのタイヤは新車で買った時のエコタイヤのままでした。

冬季はスタッドレスタイヤに替えますが、そのエコタイヤは製造から7年は経っており、溝はあるものの表面がひび割れてきて、そろそろ替え時だと言われていました。

タイヤに求めるもの

車はコンパクトカーなので、普通に走行できれば多くは求めません。

しかし、一つだけ気になったのがロードノイズ(走行時にタイヤが発する音)です。

これは車を買った時から思っていました。

車の構造上、そういうもんなんだと諦めていました。

しかし、コンフォートタイヤを選べばロードノイズを軽減できると知り、有名国産メーカーのとあるブランドを買おうと考えていました。

タイヤは高いもの?いいえ格安タイヤあるんです

ただ、やっぱり値段が高いです。

替えなくてはいけないとわかっていつつも、躊躇します。

そんな時、海外の格安タイヤがとてもいいと聞き、早速調べてみました。

輸入タイヤ&ホイール通販国内最大級AUTOWAY(オートウェイ) という会社のサイトです。

ナンカンは輸入タイヤで一番人気だそうです。

サイトでも「オススメ」として出てきます。

サイトを覗いて、タイヤの値段が安すぎてビックリしました。

NANKANG(ナンカン)とは

NANKANGは台湾のタイヤメーカーです。

その性能の良さは世界も認めるほどで、日本メーカー製のエコタイヤクラスに引けを取らないと言われています。

大手の日本メーカーのタイヤと比べても違和感や遜色はないそうです。もしくはそれ以上の性能を備えているようです。

予算の比較

コンフォートタイヤを履きたかったので、国産メーカーで調べた物と、ナンカンとで金額を比較してみました。

タイヤ4本・工賃(工賃はショップによって違います)

NANKANG RX615 175/65R14 82H

国産メーカー 40,424円(税・工賃込み)

ナンカン   23,192円(税・工賃込み)

17,232円の差が出ました。

4万円台となるとちょっと考えますが、2万円台前半はやはりすごく安いと感じました。

輸入タイヤの購入方法

輸入タイヤ&ホイール通販国内最大級AUTOWAY(オートウェイ)のサイトで、自分の車種やタイヤサイズを入力すると、ズラリといろんなメーカーのタイヤが表示されます。

そこの中から好きなものを選びます。

価格はタイヤ1本の値段です。

受け取り方法でオススメなのは、AUTOWAYと提携しているカーショップに直接送ってもらい、そこで作業をしてもらう方法です。

あるいは、自宅に送ってもらい持ち込んでも構いません。

行きつけのショップやディーラーがあるなら、タイヤを送っても良いか聞いてみて、配送してもらっても良いと思います。

これらの受け取り方法は注文時に選べるようになっています。

提携ショップも探せるようになっています。

ショップごとに作業工賃や廃タイヤ処理代が違うので、良く調べてから選ぶことをお勧めします。

性能

スタッドレスから履き替えた事もありますが、とにかく「静か」で「なめらか」という印象でした。

7年ぶりの新しいタイヤの感触で、タイヤ一つでこんなに違うものなんだと感動しました。

車内で音楽を聴くのですが、走行時と停車時で音量を変えたいぐらいロードノイズがあったのですが、それを気にしなくてもよいほどでした。

逆に加速時のエンジン音が車体を通して聞こえてくるのが不思議なイメージでした。

今まではうるさくて繊細な音は聞こえませんでしたからね。

走る・止まるは全く問題ありません

街乗りならこれで十分です。

高級タイヤはもったいないから買い替えにくいが、格安タイヤなら頻繁に交換しても大丈夫

いいタイヤを履いていると、もったいなくて買い換えられません。

でも、海外メーカーの格安タイヤなら惜しみなく取り替えられます。

今まで7年もズルズルと履いていましたが、3年おきぐらいに取り替えたら常に快適な状態で走行できますよね。

また、安全面でも良い気がします。

なんだかんだ言っても、タイヤって消耗品なんですよね。

溝が減ってなくても、原材料はゴムなので、いずれ硬くなり、性能はどんどん落ちていきます

車屋さんいわく、国産の新車にも輸入タイヤが使われているが意外と知られていない、のだそうです。

タイヤのブランド名にこだわりが無ければ輸入タイヤがオススメ

高級スポーツカーやレースをするような車に履くタイヤはいろいろこだわりがあって国産の超高級タイヤを選ばれるでしょうが、通勤・通学・街乗り・レジャーに車を使用されるのであれば、ナンカンタイヤで何も問題ありません。

最近ではホームセンターもタイヤを扱う時代です。コストを下げる為に輸入タイヤを取り入れています。

安くて物が悪ければいけませんが、安くて国産と変わらないならナンカンタイヤもぜひ選択肢に入れられると良いかと思います。

ナンカンの回し者でもAUTOWAYの回し者でもありませんが、安くていい買い物をしたと思ったので、ご紹介してみたくなりました。

また、ナンカン以外でも性能が良く格安の輸入タイヤはたくさんあるようです。

タイヤ購入費でお悩みの方は、ぜひ検討してみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする