9ヶ月待ち!小林麻央さんも買われた素敵な臍の緒入れ「たまご箱」届きました

現在では1年待ちとなっている箱藤商店のたまご箱ですが、注文してから9ヶ月と9日で我が家に届きました。

たまご箱を知ったのは、故小林麻央さんのブログを拝見した事がきっかけです。

小林麻央オフィシャルブログより「臍の緒入れ」

もともと人気のあったお品だったそうですが、小林麻央さんのブログで広く世に知れ渡り多くの方々から注文が殺到したようです。

私もその内の1人で、ほぼ一目惚れでした。

ブログ掲載から2日後の注文でしたが、すでに生産が追いつかず納期が遅れるという状態でした。

途中、2度ほどメールで連絡をいただきました。

そして心待ちにしていたお品がようやく手元にやってきました。

中を開けるとお手提げ袋が入っていました。

そしてたまご箱はリボンの掛けられた小さな箱の中に収められていました。

ワクワクしながら包みをほどきました。

箱を開けると取扱説明書と共に待ちに待ったたまご箱とのご対面です。

今年の干支である酉のデザインにしました。

開ける時に「どこから開くの?」と思ったほど切れ目が精巧に作られています。

ギザギザの形なのに寸分狂わずしかも手作りというところに職人さんの技術の高さを感じます。

桐でできたたまご箱は手のひらぐらいのサイズで、表面はとても滑らかで手触りが良いです。

絵も手書きです。親鳥は凛々しく、ヒヨコは可愛らしくケースの中にも描かれていて、開けるたびにほっこりします。

用途は臍の緒入れ・アクセサリー、小物入れ・ピルケースなど使い方は自由です。

絵も干支や花柄など多くのデザインから選べますので贈り物や記念品には最適ですね。自分へのご褒美でも素敵です。

お値段は税込み5,400円です。

干支十二支集めてコレクションもいいですね。

ただし、今は1年待ちです。職人さんも大忙しな事でしょう。

住所 〒600-8357
京都市下京区堀川通五条下ル柿本580-8

アクセス 阪急「四条大宮」駅から徒約10分

JR「京都」駅から市バス9番堀川五条バス停下車すぐ

店休日 日・祝
営業時間 10:00~18:00

TEL 075-351-0232
FAX 075-342-4395

京の今を生きる桐箱-職人の美意識が現在に融合する

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする