猫をケージで飼う事の8つのメリット!

これから猫を飼う方におススメするのが、ケージ飼いです。

ケージを用意することによって得られるメリットはたくさんあります。

快適な猫ライフを楽しみたい方にぜひご覧になっていただきたいです。

猫のケージ飼い

猫を檻に閉じ込めるなんてかわいそう⁉︎

誰もが最初はそう思いますよね。猫って自由に飛び回ってこそ本領を発揮するんじゃないか、って。

でも、そもそも室内飼いをする時点で猫の自由は奪われています。獲物もいません。

動物をペットとして飼うということは、野生の行動を抑制しないといけないのです。

逆に家の中には猫にとって危険がいっぱいあります。目を離した隙に、誤食、コードを噛んで感電する、お風呂に落ちる、家具に挟まったりするなど挙げればきりがありません。

家の中でペットの身を守るためにも、ケージ飼いは必要になってきます。

子猫から室内オンリーで育てるなら、ケージ飼いをした方が猫にとっても飼い主にとっても良いことがたくさんあります。

しかしそのケージが、身動きが取れないような小さなものではいけません。

少なくとも縦60㎝×横90㎝の広さで、高さは三段以上あるのがベストです。

そして、閉じ込めっ放しではなく時にはケージから出してあげて思い切り遊んであげる事も大事です。

猫の運動は上下が大切

猫の体の構造の話しになりますが、猫は上下に移動する動きが唯一の運動になるそうです。

平らな所を走り回っていても筋肉を付ける運動にはならないそうです。

上下運動ができない環境の猫は、人間でいう成人病にかかる確率が非常に高いそうです。

その為、ケージやキャットタワーなど上下に移動できる設備を整えてあげることが大切です。

猫のプライベート空間

猫は狭くて高い所が好きです。

小さいお子さんがいてにぎやかな家庭では、猫はビクビクしたり興奮したりします。

走り回って、疲れすぎてしまう事もよくありません。

その点、ケージがあれば自分の避難所として活用できます。

ケージは猫を部屋に出した時には、出入り口を開放しておきます。

疲れたり、そっとして欲しい時は自分からケージの中に入って猫ベッドで休んでいます。

この中に居れば安心と感じるプライベート空間なのです。

飼い主の時間の確保

調理中や食事中、あるいは趣味の物を広げている時には、ちょっと猫にいたずらされたくないな~と思いますよね。

そんな時にはあえてケージから出さず、くつろぐなり用を済ませるという事が可能です。

飼い主にも自由になる時間が必要ですね。

猫をしっかり観察して健康管理もバッチリ

ケージの中に猫がいれば、しっかり観察することができます。

毛ヅヤや目やに、鼻水など体調に変化があるとすぐに気付きます。

来客や万が一の避難時、ペットホテルにも対応できる

猫が苦手なお客さんが来た時にはケージに入れておけば大丈夫です。

他の部屋に閉じ込めて、ガリガリされたり、トイレをしちゃったという失敗がありません。

また、万が一災害が起きた時、ペットはケージに入れて連れていかなければいけませんが、オリに慣れている子なら問題なく大人しくできます。

また数日間家を留守にする際ペットホテルに預ける時も、ケージに慣れている子はスムーズです。

入って欲しくない部屋への侵入を防ぐことができる

猫に侵入して欲しくない部屋があった場合、開けっ放しにできず困った場合も、ケージに入れておけば安心です。

ケージから出してあげたら思い切り遊んで

毎日の生活パターンで、こういう時は出してもらえるというのを猫も察知します。

子猫のうちは出してあげれば走り回って遊びます。疲れさせ過ぎない程度にしっかり遊んであげたり、出ている内にケージ内の清掃や食事、水の補給などもしてあげましょう。

ケージ飼いをする事への想い

私は過去3匹猫を飼っていました。

初めの2匹は外も自由に出入りさせていて、3匹目の猫は完全室内飼いでした。それでもケージは使用していませんでした。

今回4匹目の猫をブリーダーの所で購入したら、とても詳しく猫の飼育方法を教えていただきました。

真っ先に「ケージで買っていただくことをおススメします。」と言われたときに内心「え~~~?」と思いました。そんなことはこれっぽっちも考えていなかったからです。猫とたわむれて毛まみれになる生活を想像していました。

でもブリーダーの話しと猫舎での猫の様子を見ていたら、絶対にケージ飼いにする!と心は決まってしまいました。

ケージの中はトイレ、食事はもちろんの事、ベッドや爪とぎ、ハンモックなど不自由のない暮らしを送れるようにしてあります。

おかげで全く嫌がることなく過ごしています。

もちろんケージの外に出る事も大好きなので、日に何度か出してやって思い切り遊ばせています。

今までやった事のなかったケージ飼いでしたが、今となってはケージを準備して本当に良かったと心から思っています。

初めて猫を飼う方はもちろんの事、過去に飼っていた経験のある方でもぜひケージで飼う事をお勧めします。

まとめ

猫をケージで飼うメリットは

  1. 猫の身を守る
  2. 上下の運動ができる
  3. 猫のプライベート空間の確保
  4. 飼い主の時間の確保
  5. 健康管理ができる
  6. 来客時にケージに入れておける
  7. 万が一に備えてケージに慣れさせることができる
  8. 入って欲しくない部屋への侵入を防ぐ

他にもメリットはありそうです。

ぜひうまく活用して、愛猫と末永く楽しく過ごしてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする